製品詳細

AE型工具破損(チップ)検出装置/擬似AE波発生機能付 (AE-1OSC)

AE型工具破損(チップ)検出装置/擬似AE波発生機能付 (AE-1OSC)

切削加工時における工具破損(チッピング)が発生した瞬間に生じるAE信号を、AEセンサにて検知します!!擬似AE信号発生装置機能も付いており、AEセンサの日常点検・動作確認・AE信号の伝播経路の確認などもできます!!

【 AEセンサによる工具破損検出装置 】

AEとはAcoustic Emissionの頭文字をとったもので、物理的意味は固体(工具など)の変形及び破損に伴って開放される音響放射エネルギーです。その周波数は数kHz~数MHzまで広範に分布発生します。本装置は350kHz以上の高い周波数分析及び波形処理をして検出信号としています。機械の振動の影響は受けることなく高信頼性があります。

 

【 特 長 】

  1. 旋削・切削工程などで。工具のチッピングを瞬時に検知
  2. AE信号を特殊処理しているので、外乱音などの影響を受けません。
  3. 擬似AE発生装置で日常のセンシング動作チェックが可能です。
  4. 擬似発生装置を使えば、AE波伝播経路のチェックが可能です。
  5. 設定は前面パネルのボリューム一つ、操作は簡単
  6. 既存の機械にも簡単に取付け可能
  7. センサコード断線機能付

 

【 仕 様 】

検出方式 AE(アコースティック・エミッション)方式
検出分解能 0.001mm(工具破損面積)  *条件による
表示 LEDアレー・モニター
検出信号応答性 0.2ms(リレー出力10ms以内)
判定出力 リレー(保持)
発信出力 疑似AE波発信方式
使用温度範囲 -10℃~+50℃
電源 AC100V±10%以内
本体寸法 145(W)×110(H)×169(D)mm *突起部を除く
センサ寸法 20Φ(径)×20(H)mm

 

【 用 途 】

大型NC旋盤 櫛刃型NCターニングセンター
バイト先チッピング検知 刃具折損検出